【webデザイナー以外】webサイト制作に関わる職種6つの特徴と年収

「webサイト制作の仕事をしたいけど、一体どんな職種があるの?」

「自分に向いているweb関係の仕事を知りたい」

イマイチwebサイト制作の仕事というのは想像がしにくいですよね。

そこでこの記事では、なるべくわかりやすく具体的にどんな仕事をするのか、向いているのはどんな人なのかを解説します。

目次

webサイト制作に関わる職業いろいろ

  • webディレクター
  • UIデザイナー
  • UXデザイナー
  • フロントエンドエンジニア
  • バックエンドエンジニア
  • webマーケター

はい、色々出てきましたね。

まずは上から説明していきたいと思います!

webディレクターの仕事

webディレクターのお仕事は、簡単に言うと「ホームページ制作の進行管理」です。

納品に至るまでプロジェクトを統括する責任者となります。

  • クライアントへのヒアリング
  • 市場・競合調査
  • 企画立案
  • 予算設計
  • サイト設計
  • 制作管理
  • スケジュール管理

webディレクターというと、ずっと打ち合わせしているイメージがありますね。あと企画書書いたりとか。

ディレクター自身は、直接サイト制作作業には関わりません。

手を動かす仕事はデザイナーやプログラマーの担当です。

webディレクターの年収

会社員のwebディレクターの年収は500万円に届かないくらい。

フリーランスだと年収は高い傾向にあり、600万〜1,000万円を超える人もいます。

参考:求人ボックス 給料ナビ FLEXY WEBディレクターのフリーランス案件例や年収、高単価案件獲得のポイントを解説

webディレクターに向いている人
  • 人と話す事が好きな人
  • コミュニケーション能力が高い人
  • チームで問題解決していく過程を楽しめる人
  • 不測の事態に冷静に対処できる人
  • 管理能力が高い人

UIデザイナーの仕事

UIは、ユーザーインターフェースの略で、直感的にユーザーが使いやすいデザインを設計し、ユーザービリティを向上させる事がUIデザイナーの仕事です。

webデザイナーと兼任していることもありますが、UIデザイナーは「検証」と「分析作業」が発生し、ユーザーテストを行ながら、デザインを設計するという過程を踏みます。

webデザインは視覚的な美しさや利便性が求められる一方、UIデザイナーは「どのように設計すればユーザーが期待通りの行動をするのか?」(例えば購入するなど)という行動心理学の分野に関わってきます。

UIデザイナーの年収

会社員の年収は500万〜600万円。

フリーランスの案件は高額な傾向にあり、フリーランスの場合700万〜800万円。

参考:レバテック クリエイター UI/UXデザイナーの平均年収はどのくらい?

UIデザイナーに向いている人
  • 分析・研究する事が好きな人
  • 細かいところまで突き詰めて考える人
  • 論理的な思考ができる人

UXデザイナーの仕事

UXとは、ユーザーエクスペリエンスの略。

「ユーザー体験」とは何ぞや?というと、ユーザーが使いやすいデザインを設計することがUIデザイナーの仕事に対し、

UXデザイナーは、もっと前の段階のユーザーニーズに基づいた、アプリ設計やサイト設計をすることが仕事。

ユーザーに満足感を与える体験を目的に設計するため、解析調査、ユーザー分析など、よりマーケッターの要素が強くなります。

UXデザイナーの年収

UIデザイナーより少し高めの600万〜630万円。フリーランスの平均年収は600〜700万円。

参考:求人ボックス 給料ナビ UXデザイナーの仕事の年収 FLEXY UI/UXデザイナーのフリーランス案件単価は?

UXデザイナーに向いている人
  • 解析・分析が好きな人
  • マーケティングに興味ある人

フロントエンドエンジニアの仕事

フロントエンドエンジニアは、html、PHP、cssを使ったコーディングや、Javascriptを使って、デザイナーが作ったデザインを、サイトとして機能するように実装する事が仕事。

視覚的デザインはwebデザイナーが制作して、フロントエンドエンジニアは実際にボタンを使えるように実装します。webデザイナーが兼任することも多いです。

フロントエンドエンジニアの年収

会社員の平均年収は600万弱。フリーランスの場合480万〜840万とスキルによって差が開きます。

参考:レバテック フリーランス フロントエンドエンジニアの平均年収 ITプロマガジン フロントエンドエンジニアの年収は?

フロントエンドエンジニアに向いている人
  • コツコツとした作業が苦にならない
  • 自分で調べて解決する事が得意

バックエンドエンジニアの仕事

バックエンドエンジニアは、主にサーバーのインフラ管理や、プログラムの開発・構築など、ユーザーの目には直接見えない部分の領域を担当します。

例えば、サイト内の検索システムや、ECサイトの商品管理など、ネットサービスのシステム部分を構築をします。

このシステムの構築部分に問題があると障害が起こるため、責任が重大でミスは許されない仕事でもあります。

深夜でも緊急の障害が起こると、駆り出されるため、急な呼び出しが起こることもしばしばあります。

バックエンドエンジニアの年収

正社員の場合は430万円。フリーランスの場合、最低年収が420万円で平均年収は876万円で高くなります。

参考:SEES バックエンドエンジニアの全体的な平均年収は? レバテック フリーランス バックエンドエンジニアの平均年収

バックエンドエンジニアに向いている人
  • 完璧主義な人
  • 地道な作業が苦にならない人
  • 専門的なスキルを高めたい人
  • 緊急事態にすぐに駆けつけられる人

webマーケターの仕事

webマーケターは、サイトやSNS、YOUTUBEなど、web媒体を利用にしてマーケティング戦略を考える事が仕事。

Googleアナリティクスやアクセス解析ツールを利用してユーザーを解析・分析をしたり、

広告運用の効果測定、ABテスト、SNSの運用、コンテンツの提案、広告予算の作成など、多岐に渡ります。

webマーケターの年収

会社員の年収は500万円弱。フリーランスは400万円くらいですがスキルによっては1,000万円になることも。

参考:doda 平均年収ランキング FLEXY フリーランスのWEBマーケティング案件で稼ぐ秘訣とは?

webマーケターが向いている人
  • 数値分析が好きな人
  • ロジカルシンキングが出来る人
  • 大衆心理や行動心理学に興味がある人
  • 流行や新しいツールに敏感

webマーケターを目指すなら、以下の本がめちゃオススメです。

まとめ:webデザイナー以外のwebサイト制作に関わる職業

webサイト制作の仕事が、こんなにも細分化され専門的に分かれていることに、ちょっと驚いたのではないでしょうか?

この記事では、webサイト制作に関わる仕事に限定しているので、書かれていないけど、デザインが好きならwebデザイナー+グラフィクデザイナーとして、やっていく方法もあります。

自分の得意分野をより高めていきたいですね!

それでは、またお会いしましょう!チャオ♡

↓この記事がちょっとでも良いと思ったら、ぜひポチッとお願いします^^↓

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

未経験から在宅のフリーwebデザイナー歴5年→アフィリエイター歴6年くらい(1年目数万円→2年目→300万ちょっと→3年目目以降600万〜800万)→3年ブランクを経て再びブログに挑戦中。主婦ブロガー。
デザイナー時代から在宅で仕事をしてきた為、もう外で働けない人。
家にいながらお金を稼ぐ方法を、四六時中考えています。

コメント

コメントする

目次