アフィリエイトで稼いでいるブログの特徴と調べ方

「どんなブログが稼いでいるのか知りたい」

「初心者だからお手本となるブログを探したい」

そんな悩みにこの記事では答えます。

「これは稼いでいるブログだな」と、わかるポイントと調べ方を紹介します。

目次

アフィリエイトで稼いでいるブログの特徴

  • 成果報酬型の広告を掲載している
  • 記事数は100記事以上
  • 有料テーマをカスタマイズ
  • 単価が1万円以上の広告を掲載している
  • 1ヶ月の訪問者数は10万人以上

成果報酬型の広告を掲載している

広告には、クリックしただけで報酬が手に入るクリック型広告と、成果に応じて報酬が得られる成果報酬型とがあります。

どちらでも稼ぐ事はできますが、成果報酬型の方が圧倒的に高単価です。

アドセンスは単価が低くコツコツ稼ぐ感じで、成果報酬型は浮き沈みも激しいけど、ドカンと大きく稼げる分野です。

記事数は100記事以上

私の経験を基に話すと、100記事書いた時点では大きい収益は手に入りません。

100記事を土台に、さらに記事を書いていくことで、収益がどんどん増えていく波に乗るというイメージです。

最低の記事数が100記事ということですね。

自分の実体験で、200〜300記事はないと月数十万〜100万の収益を得ることは難しいです。

これは稼いでいるだろうなっていう他ブログを見てみても、200記事以上はストックしていますし、多いと1000記事近く書いている人もいます。

特化ブログだと200記事〜500記事あたりが多く、トレンドブログや雑記ブログだと1000記事以上が多いですね。

有料テーマをカスタマイズ

アフィリエイトサイトを調べてみると、多くが有料テーマです。

テーマの種類で言うと、このサイトでも使っている「SWELL」や、「AFINGER」「STORK 」をよく見かけます。

カスタマイズは自分でやっている人もいると思いますが、専門知識が必要なので、デザイナーに依頼している人が多いんじゃないかなと思います。

ココナラやランサーズで発注すれば、5万でトップページのデザインカスタマイズくらいは出来ると思います。

やりたい内容にもよるけど、簡単な変更だったらもっと安いかも。

私はwebデザイナーだったので自分でいじっていますが、時間がかかるから今後は外注も検討しています。

単価が1万円以上の広告を掲載している

これは一概には言えないのだけど、単価が1000円くらいの広告でも、アクセスを集めてたくさん稼いでいる人もいるし、

1万円以上の高単価広告を掲載することで、アクセス数が多くなくても稼げている人もいます。

得意な方を選ぶ事になりますが、私の場合は後者の「1万円以上の高単価広告を取り扱うタイプ」。

アクセスを集めても限界はあるし、もともとの単価が高ければ収益はかなり大きくなる可能性が高いからです。

反面、広告主の意向に影響されやすく、稼げるウエイトが大きかった広告がなくなってしてしまうと、収益が激減してしまうリスクもあります。

1ヶ月のアクセス数は10万人以上

アクセス数だけで詳しい収益はわかりませんが、単価1万円以上の広告をメインで扱っているメディアの場合、

アクセス数が月10万人くらいなら、月収は100万〜数百万くらいだと推測できます。

このくらいのアクセスが集まるようになると、企業から特別単価のオファーが来るので、広告の単価が上がります。

メディアの性質やコンバージョンによって単価は変わるので、月1,000万くらい稼いでいるサイトもあるかもしれません。

私の場合、月の訪問者数は1万人〜1万5千人くらいでしたが、それでも特別単価がもらえ、月100万くらいの報酬になりました。

この経験から、稼げる最低ラインのアクセス数は1万人くらいと考えています。

アクセス数の調べ方

similarwebで調べる

similarwebとは、無料で競合サイトのアクセス数とサイトランクなどを調べられるサイト。

今回は、ヒトデさんのブログを調査してみました。

ヒトデブログさんのsimilarweb画面

左下のTotal visitsは訪問者数を示しています。

ヒトデブログの8月の訪問者数は、44.8Kとなっているので、Kは1,000単位だから、4万4,000人の人が訪れたということになります。

下の方にスクロールすると3ヶ月分の訪問者数の推移や、ユーザーの世代もわかります。

記事数の調べ方

インデックスされている記事数を調べるには、サイトURLの「https://」の部分を「site://」と入力するとわかります。

このサイトで試してみると以下のようになります。

このサイトのインデックス数

はい、少ないですね。(悲)インデックスされている総ページ数が1番上に表示されます。

また、全ての記事一覧が表示されます。

検索キーワードで調べる

私は競合調査をする時に、キーワード検索に多くの時間を費やしています。

アクセス調査である程度、需要があることがわかっているブログなら、そのブログが狙っているキーワード=稼げるキーワードという事なので、キーワードプランナーで徹底的に調べます。

キーワードのボリューム数が100程度でも、多数のキーワードで上位になっているのなら、稼いでいるサイトの可能性は高いです。

1000〜1万ボリュームのキーワードで、上位10位以内をとっているサイトは間違いなく稼いでいます。(広告が載せられるキーワードであれば)

ひとつ注意なのは、検索ボリューム数が多くても稼げないキーワードも多数あるということ。

ユーザーが知るだけで満足できるキーワードで上位表示しても収益にはなりません。

収益につながるキーワードかどうかは自分の目で見定める必要があります。

広告単価の調べ方

広告単価の調べ方は、ASPに登録して競合サイトが掲載している広告を探すこと。

ひとつのASPだけで見つけられないと思うので、複数のASPに登録して探してみます。

だいたい見つかりますが、中には見つからない案件もあります。

そういう案件は、実績のあるアフィリエイター限定に案内されている特別なもの。

クローズドASPで探すとあるかもしれません。

まとめ:稼いでいるブログの特徴と調べ方

  • アフィリエイト広告を利用している
  • 記事数は200〜300記事くらい
  • 単価が1万円以上の広告を掲載している
  • アクセス調査にはsimilarwebが必須
  • キーワード調査にはキーワードプランナーが必須

他にも細かいことを言うと色々あるのですが、要約するとこんな感じです。

あと稼いでいるブログは、文章が整理されていて読みやすいです。これは間違いないですね!

長い記事でも、整頓された本棚のように必要な情報がスッとすぐに見つけられます。

結局のところ、ユーザーにとって快適なブログとは何か?を突き詰めていいくことが、収益アップに繋がるのだと思います。

それでは、一緒に頑張りましょう!チャオ!

↓この記事がちょっとでも良いと思ったら、ぜひポチッとお願いします^^↓

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

未経験から在宅のフリーwebデザイナー歴5年→アフィリエイター歴6年くらい(1年目数万円→2年目→300万ちょっと→3年目目以降600万〜800万)→3年ブランクを経て再びブログに挑戦中。主婦ブロガー。
デザイナー時代から在宅で仕事をしてきた為、もう外で働けない人。
家にいながらお金を稼ぐ方法を、四六時中考えています。

コメント

コメントする

目次