【アフィリエイトにオススメ良本】Webマーケティングの成果を最大化する83の方法

「ブログを書いているけど、あまりアクセスが増えない」

「多少のブログ収益はあるけど、一定のラインから成果が増えない」

こんな悩みを打破してくれるwebマーケティング本を紹介します。

私自身、この本を読んでから、ユーザーニーズに対する考え方や、ペルソナの作り方が大きく変わりました。

自分のサイトがイマイチ良くない事はわかっているけど、どこを改善すればいいのか分からない人にもオススメです。

目次

Webマーケティングの成果を最大化する83の方法とは?

ファンダメンタルズ×テクニカル マーケティング Webマーケティングの成果を最大化する83の方法 

Amazonで詳細を見る

  • 著者:東証プライム上場の「北の達人コーポレーション」社長 木下 勝寿氏
  • webマーケティングに精通し、EC業界でヒットを連発させているwebマーケターの書籍
  • 北の達人は利益率30%とEC業界では異例の高利益率。(EC企業平均の12倍 )

正確な書籍名は「ファンダメンタルズ×テクニカル マーケティング Webマーケティングの成果を最大化する83の方法」です。

「誰に」「何を」「どう伝えるか」という、マーケティングの基本的な考え方を深く掘り下げ、具体的な事例と一緒にわかりやすく解説されています。

ブログアフィリエイトにおすすめの理由

  • ネット通販で実績のある会社のマーケティング手法を学べる
  • ユーザーの心を掴むにはどうすべきかが学べる
  • 概念や考え方ではなく超具体的なマーケティング戦略を知れる

実際に私がブログ作りで参考にしたこと

  • ペルソナ設計の考え方
  • ユーザーに伝わる文章構成
  • 仮説を立てて検証すること

ペルソナ設計の考え方

この本を読むまで私は、ターゲットユーザーの捉え方が表面的で、思考までは考えられていませんでした。

このブログでは、「ブログを始めようと思っている初心者」をターゲットに、ペルソナを「住まい・年齢・職業・家族構成」など、環境要因を細かく考えていました。

「ブログをやりたい主婦」をターゲットに決めたのですが、主婦に限定されてしまうと、書く内容が主婦向けに絞られてしまいます。

限定されてしまう側面もありつつ、「ブログをやりたい主婦」はいっぱい居て、逆にターゲットが定まらないという自体にもなりました。

ペルソナとは?

ターゲットとなる典型的なユーザー像

でも、この本を読んだ後は、ペルソナを環境要因ではなく、思考段階で分けるように変わりました。

主婦かどうかはそこまで関係なくて、「ブログに興味はあるけど仕組みをまだ理解していない人」、「興味があって調べてみたものの難しいと思っている人」など、思考段階で細かく分けます。

この思考段階の違いは、アプローチすべき所の違いです。

「ブログに興味はあるけど自分には難しい」と思っている人に、ブログの素晴らしさを伝えても「ブログをやろう!」という気持ちにはなりません。

そういう人には、難しいと感じているハードルを下げてあげる必要があります。

ユーザーの環境よりも、思考段階を細かく分類して、ターゲット毎にマッチした記事を書く事が、重要なんだと腑に落ちました。

ユーザーに伝わる文章構成

これはやりすぎると、テレビの通販番組みたいな口調になるから、要注意ではあります。

でも、この本で紹介されている文章構成は、「確かに人の心に引っかかるな」と感じるので、参考にしています。

この本で紹介されている伝わりやすい文章構成

  • 結論
  • 否定
  • 肯定
  • 自分の意見
  • 煽り

上の構成を参考に記事を書くと、以下のような文章になります↓

この記事ではレンタルサーバーを比較してみました。

「レンタルサーバーなんて、どこも同じじゃないの?」

そう思うかもしれませんが、レンタルサーバーの違いは、アクセス数に大きく影響します。

私は、サーバーを変えて表示速度が1秒も早くなり、直帰率が10%改善しました。

お得に契約できる限定のキャンペーン情報もあるので、ぜひ最後まで読んでいって下さいね。

記事のリード文に良い構成ですよね。

最後の煽りは入れすぎると、胡散臭くなるから、適度に利用しています。

仮説を立てて検証する

私は、ABテストというのは、2パターンをユーザーに提示して、その反応を見てから考えるものだと思っていました。

でも、この本では、最初にAとBの仮説を立てること、その仮説があっているかどうか答え合わせする事、仮説の時に想定できなかった課題を見つける事だと書かれています。

それまでは、文章の配置を細かく考えていませんでしたが、ユーザーの行動や心理を想像し、仮説を立てて検証するようになりました。

確かに、最初に仮説を立てることで、ユーザーの反応に対して、より深い観察眼が持てるようになります。

そして、「なぜか分からないけどダメだった」が、「何がダメだったのかがわかる」様に変化しました。

まとめ

今まで色んな本を読みましたが、必要な情報だけがこんなに凝縮された本を読んだのは始めてでした。

情報量が膨大すぎて、まだまだ実践できておらず、自分でもまだ使いこなせていないなと感じています。

1,800円でこんなに教えてもらっていいんですか?と思える内容です。

5,000円とか1万円するnoteを買う前に、絶対に読んでほしい超良本です!!

ファンダメンタルズ×テクニカル マーケティング Webマーケティングの成果を最大化する83の方法 

Amazonで詳細を見る

それでは一緒に頑張りましょう!チャオ!

↓この記事がちょっとでも良いと思ったら、ぜひポチッとお願いします^^↓

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

未経験から在宅のフリーwebデザイナー歴5年→アフィリエイター歴6年くらい(1年目数万円→2年目→300万ちょっと→3年目目以降600万〜800万)→3年ブランクを経て再びブログに挑戦中。主婦ブロガー。
デザイナー時代から在宅で仕事をしてきた為、もう外で働けない人。
家にいながらお金を稼ぐ方法を、四六時中考えています。

コメント

コメントする

目次