アクセスアップに繋がるドメイン名の選び方

この記事で分かること
  • ドメインの正しい選び方がわかる
  • ドメインパワーとSEOの関係がわかる

ブログを始める時に悩むのがドメイン名。

今回は初心者の方が遠回りしないように、良いドメインと悪いドメイン、ドメインパワーを強くする方法についてまとめました。

私も毎回とっても悩みます。

目次

アクセスとドメインの関係

Googleの評価で言うと、ドメイン名は検索結果には影響がありません。

だから、ドメイン名とブログ名が違うからといって、検索順位が下がることもありません。

でも、ドメイン名がアクセスには全くの無関係かと言えば、そうではないのです。

下に説明していきます。

良いドメインと悪いドメイン

極端な例ですが、ドメインには「.sexy」とかアダルトを連想させるドメインもあり、それを不動産のサイトで使ってしまったらユーザーは不審に思ってしまいますよね。

不快・不審に思うドメイン名のサイトはユーザーが訪問してくれません。

あと、あまりにも変で長い名前のドメインも好まれません。怪しいサイトかと思いますよね。

そういう意味ではユーザー目線を持ったドメイン名をつける必要があります。

ドメイン名は短い方がいい?

ドメイン名は、長いよりも短い方がユーザーが覚えやすいというメリットがあります。


だから語呂が良い、短めのドメイン名が理想的。

有名ブロガーさん達のドメインを調べると、こんな感じの長さが多いですね↓

  • hitodeblog.com ヒトデブログ
  • www.mazimazi-party.com まじまじぱーてぃー
  • nomad-saving.com ノマド的節約術
  • tenshoku-antenna.com 転職アンテナ
  • hituji-affiliate.com ひつじアフィリエイト
  • kanemotilevel.com 副業クエスト100

でも、ドメイン名を直接打ち込んでアクセスする人は多くはないと思うので、そこにこだわり過ぎなくても大丈夫です。

副業クエスト100は途中で名前を変えたらしく、ドメイン名と違いますね。

ドメイン名は変えられないですが、ブログ名は後から変えることもしばしばあります。

ドメイン名は.comや.jpがいい?

私はほとんどのサイトで.comを使用しています。

理由は単なる好みというのもありますが、認知度が高く親しまれているドメインを使いたいという気持ちもあります。

.jpだと企業サイトがよく使用していて、お堅いイメージがありますね。(co.jpとか)その辺はブログやサイトの雰囲気にあわせて選びます。

ドメインの種類と利用の傾向

.com商業用サイト向け 様々な業種のサイトで利用されている
.jp日本を示している為、日本企業のサイトで多く利用されている
.netネットサービスを提供するサイト向け
.blogブログ向け
.shopネットショップ向け
.info情報サイト向け
.site場を意味しているので場を提供するサービスに向いてる
.bizビジネスサイト向け
.org非営利団体や組織のサイト向け

ドメインは全部で1,000種類以上あるのでほんの一部ですが、大体この辺りを使うことが多いかと思います。

ちなみに.comは世界で一番シェアが多いドメインです。そういえば上で紹介したサイトもみんな.comでしたね。

ブログでも.blogのドメインってあんまり見かけない気がする。

私は自分のポートフォリオサイト(webデザインの)は「.jp」で信頼感(?)を意識してつけました。

ブログは全部.comでやってます。どっと混むっていう風に読めるから、景気が良くて好きです。(笑)

wwwは付けた方がいい?

企業サイトの多くはwww.が付いています。これについて調べたところ、メリットは特にありませんでした。

wwwの意味はWorld Wide Webの略語で、これはインターネットである!とわざわざ宣言しています。

昔はwebとメールとでサーバーを使い分けていたようで、webだとwww、メールだとmailをドメイン名の前に付けて識別していました。

現在でもその昔の名残が残っているだけのようです。

最近では名の知れてる企業でもwwwを付けてないところもありますが、数で言うと少ない方でwwwをつける企業の方がいまだに多いです。

ドメインパワーが強いサイトの特徴とは?

ドメインパワーとは

ドメインパワーとは、ドメインが検索エンジンから受ける評価のこと。ドメインパワーが強いと検索順位が上位に表示されやすくなります。

  • 年齢が古いドメイン(3年以上)
  • 被リンクが多い
  • 豊富で良質なコンテンツ

年齢が古いドメイン

ドメインを取得したばかりの時期は、まだまだドメインパワーが弱いため、検索結果に表示されにくいです。

「ブログやアフィリエイト運営で結果が出てくるのは1年後」という話を聞いたことがある人も居るかと思います。

それはドメインパワーがついてくるのに、最低でも1年はかかるという意味なのです。

中古ドメインを購入する方法もある

中古ドメインは、それまでのサイト評価を引き継げるところがメリット。

新規ドメインだと育てるのに時間がかかってしまいますが、良質なリンクとgoogleからの信頼がある中古ドメインなら、育てる過程をすっ飛ばすことができます。

中古ドメインは安くても3〜4万円、そこそこ良い中古ドメインは10万くらいかかります。

中古ドメインは良い評価も引き継ぎますが、悪い評価も引き継ぎます。

初心者には良い中古ドメインを見極めるのは難しいので、あまりオススメはできません。

被リンクが多い

被リンクとは外部サイトからのリンクのことです。

「この記事は役に立つな、後でまた見よう。」と思ったら、はてなブックマークに入れたりするし、参照元のサイトとしてリンクが貼られることもあります。

被リンクはひとつのサイトから100個受けるよりも、100のサイトからひとつのリンクを受けた方が、評価されます。

昔は業者に依頼して被リンクを貼ってもらうサイトも多くありましたが、現在ではその手は使えません。

逆に不自然なリンクは低評価に繋がるのでしないようにしましょう。

被リンクをチェックできる

競合サイトの被リンクをチェックできるツールもあります。

私は10年以上前から以下のツールを利用しています。

でも1日3回しか使えないから、たくさん調べたい人は他のツールと併用したらいいかも。

被リンクチェックツール hanasakigani.jp

豊富で良質なコンテンツ

ランクが高くドメインパワーが強いサイトは、やっぱり情報が豊富で役に立ちます。

記事数の目安は最低でも100記事は必要で、しかも内容も良質でないといけません。

ちなみに私はゆっくり亀さんなので、1記事に3日くらいかかります。(となると100記事書くのに1年くらいかかる…?)

個人だとなかなか大変な道のりですが、逆に企業サイトにはできない切り口やテーマで差別化することができます。

まとめ

ドメインを取得する時はあまり小難しいことは考えずに、

  • 長すぎるドメイン名にしない
  • 無難で知名度のあるドメインを使う
  • 不快・不審感を感じさせるドメイン名は付けない

ここだけ気をつければいいかなと思います。

ドメイン名はブログ運営者の人柄やセンスが現れるので、意識したいですね!チャオ!

↓この記事がちょっとでも良いと思ったら、ぜひポチッとお願いします^^↓

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

未経験から在宅のフリーwebデザイナー歴5年→アフィリエイター歴6年くらい(1年目数万円→2年目→300万ちょっと→3年目目以降600万〜800万)→3年ブランクを経て再びブログに挑戦中。主婦ブロガー。
デザイナー時代から在宅で仕事をしてきた為、もう外で働けない人。
家にいながらお金を稼ぐ方法を、四六時中考えています。

コメント

コメントする

目次