全くの初心者に動画編集の内容と稼ぐまでのやり方を解説します

「動画編集って何やるの?」

動画編集ってどのくらい稼げるの?」

という疑問に答えます。

目次

動画編集の仕事内容

動画編集の仕事とは、youtubeの動画作成や、企業の広告動画、tictokやinstagramなどのショート動画を作成するのが仕事です。

具体的な作業内容を、以下にまとめました。

  • 動画編集ソフトを使って、映像をカットし、繋ぎ合わせる
  • テロップや字幕を入れる
  • BGMや効果音を付けて演出をする
  • 映像や音声を補正して修正する

これに加えて、自分で画像素材や、音声素材を探して組み合わせたり、構成まで担当することもあります。

動画編集の収入相場

動画編集でも媒体によって価格は変わりますが、大体1本3,000円が相場感覚。最初は本数をこなせないかもしれませんが、慣れれば1日数本の編集は可能です。

動画編集は需要が多いので、仕事がない状態にはなりにくいです。量をこなせば初心者でも月20万稼ぐことは可能ですし、レベルアップすれば単価も上がります。

youtube動画…1本1,000円〜8,000円。

初回はトライアル料金で、1,000円〜1,500円くらい。2回目以降は3,000円くらいが相場です。尺の長さで報酬は変わり、20分〜30分の動画になる場合は、5,000円〜の案件もあります。

広告動画…3,000〜50,000万

広告動画はyoutubeやInstagramのリール動画より相場は高くなります。構成まで担当すると、1件数万円が相場。最低で3,000円〜という感じ。

ショート動画…数百円〜2,000円。

ショート動画はInstagramのリールやtictokなどに使われる30秒〜1分くらいの動画。安いと1本200〜300円のものもありますが、相場感は1本2,000円程度。

動画編集に必要なもの

ネット環境

wifiだとアップロードに時間がかかるので、光回線の方が良いです。

私はYOUTUBE動画をアップロードするのに、いつも数分で終わっていたのですが、一時的にwifiを使ったところ、1時間半〜2時間もかかって、すごくストレスでした。

パソコンのスペック

  • CPU Intel Core i5以上
  • メモリ16GB以上
  • ストレージSSD 1TB

CPU

CRUは、パソコンを動かす基盤となる部分。Intel Core i3だと動作が重くなるので、動画編集にはIntel Core i5以上を選びます。

4Kの動画なら、Intel Core i7以上が必要です。

メモリ

動画を編集するなら、最低限上のスペックは必要です。私は以前メモリ8Gのパソコンを使っていましたが、途中で固まったり、他のソフトを開けないので、16GBのパソコンに買い替えました。

4K動画を編集するならメモリは32GBは必要です。

ストレージ

ストレージは、SSDだと高いので、価格を気にするならHHDでも良いですが、SSDの方が処理速度が速く、衝撃にも強いです。自宅以外に持ち運びする可能性があるならSSDは必須。

私は、容量2TBのストレージを使用しており、既に800GBが使用中になっています。20本近い動画をパソコンに置いたままだから、重くなっているんですよね。(1本の動画で200GBも食っているものがある)納品した動画はすぐに消せば、1TBで十分足りるとは思います。

動画編集に必要なソフト

必須なソフト

AdobePremiere Pro

あったほうが良いソフト

Adobe Photoshop、After Effects、YMM4

AdobePremiere Proを使用ソフトで指名するクラインアントもいるので、動画編集にはマストです。AdobePremiere Proは月2,728円で使えます。

Premiere Proは映像を繋ぎ合わせたりする「動画編集」がメインで、After Effectsは、編集に加えて合成もできるし、アニメーションや3D映像も制作できるので、より高度な動画制作に使用するイメージです。

YMM4は、「ゆっくりmovieメーカー」のことで、youtubeの解説動画によく使用されるソフトです。そういう解説動画の仕事を一切受けるつもりがないなら、YMM4の知識は不要です。

動画編集スキルの身につけ方

勉強方法メリットデメリット
独学安価学習に時間がかかる
学習すべき範囲がわからない
スクール実践で使える知識が身に付く
独学より早く学習できる
費用がかかる

私は独学で動画編集をしていますが、それはwebデザインの仕事をしていたので、画像や動画についてある程度の知識があったから出来たのだと思います。

.mov .jpgと言われても何のことかさっぱりわからない人は、スクールで教わったほうがいいですね。自分で勉強すると使わないことを覚えたり、回り道することになります。

スクールでの勉強期間は1ヶ月〜3ヶ月程度。独学だと、全くの編集未経験者の場合、3ヶ月以上はかかるとみておいたほうがいいです。

動画編集の仕事を得る方法

初心者はすぐに仕事を得ようとせずに、ひと通りの事が出来るようにならないといけません。案件がとれないと嘆いている動画編集者の多くはスキル不足です。

ポートフォリオをつくる

ポートフォリオとは自分の作品集のこと。動画編集のスキルを表現する為に、自己紹介動画を作成します。

自己紹介動画を作成している編集者は多くいるので、差をつけるには需要の多いデモ動画を数点用意すると良いでしょう。

クラウドソーシング or 求人情報誌で仕事を探す

ポートフォリオが用意できたら、クラウドソージングに登録か求人情報誌で仕事を探します。

クラウドソーシングは、動画編集の作業だけの案件がほとんどですが、求人情報誌から探すと、動画を撮る作業から、サムネイル作成や企画構成など、広範囲に渡って経験できるメリットがあります。

まとめ:全くの初心者が動画編集で稼ぐ方法

  • 動画編集に必要なもの・環境を整える
  • 実践的な動画編集のスキルを身につける
  • ポートフォリオを作る
  • クラウドソージングや求人情報誌で仕事を探す

それでは一緒に頑張りましょう!チャオ♪

↓この記事がちょっとでも良いと思ったら、ぜひポチッとお願いします^^↓

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

未経験から在宅のフリーwebデザイナー歴5年→アフィリエイター歴6年くらい(1年目数万円→2年目→300万ちょっと→3年目目以降600万〜800万)→3年ブランクを経て再びブログに挑戦中。主婦ブロガー。
デザイナー時代から在宅で仕事をしてきた為、もう外で働けない人。
家にいながらお金を稼ぐ方法を、四六時中考えています。

コメント

コメントする

目次