【Googleアドセンス】ads.txtの設置方法

目次

ads.txtの設置手順

以下に、ads.txtの具体的な設置方法を書きます。

のサーバーの場合、既にファイルが作成されています。

  1. ads.txtのコードをコピー
  2. メモ帳などのテキストエディタでファイルを作る
  3. サーバーに接続し、ルートドメイン下に置く
  4. 設置されているか確認する

ads.txtのコードをコピー

アドセンス審査合格通知画面

アドセンスの審査に合格すると上の画面が表示されます。背景グレーの部分に書かれている「google.com〜」の文字列をコピーします。

この画面を閉じてしまっている場合は、「ホーム」→「サイト」→ドメイン名で行けます。

メモ帳などのテキストエディタでファイルを作る

① コードを貼り付ける

ads.txtのファイル作成方法

上でコピーしたコードを貼り付けます。私はMacを利用しているので、「テキストエディタ」で作成します。Windowsを利用している人は「メモ帳」で作成して下さい。

②設定のフォーマットから、「標準テキストにする」を選択

(windowsは元々.txtになっているので不要です。)

ads.txtのファイル作成方法

③OKを選択

ads.txtのファイル作成方法

④名前を「ads.txt」に変更

ads.txtのファイル作成方法

これで、ファイルの作成は完了です。

サーバーに接続し、ルートディレクトリ下に置く

ads.txtのアップロードの仕方

サーバーに入り、ドメインフォルダを開きます。ルートディレクトリとは「最上階層のディレクトリ」のこと。

wordpressをインストールしている場合は、wordpressのファイル群がアップロードされているフォルダと同じ層に設置します。

エックスサーバーの場合、ドメイン名がURLなら、「ドメイン名」フォルダ→「public_html」フォルダに設置します。「ドメイン名/wp」がURLなら、「ドメイン名」フォルダ→「public_html」フォルダ→「wp」フォルダにads.txtを設置します。

設置されているか確認する

ads.txtのアップロードの仕方

https://ドメイン名/ads.txtにアクセスをして、表示されていれば設置完了です!

お疲れ様でした!

↓この記事がちょっとでも良いと思ったら、ぜひポチッとお願いします^^↓

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

未経験から在宅のフリーwebデザイナー歴5年→アフィリエイター歴6年くらい(1年目数万円→2年目→300万ちょっと→3年目目以降600万〜800万)→3年ブランクを経て再びブログに挑戦中。主婦ブロガー。
デザイナー時代から在宅で仕事をしてきた為、もう外で働けない人。
家にいながらお金を稼ぐ方法を、四六時中考えています。

コメント

コメントする

目次