wordpressのインストール方法と設定の仕方を解説します

目次

wordpressのインストール手順

  • レンタルサーバーを契約
  • ドメインを取得
  • データベースを作成
  • wordpressをインストール

1.レンタルサーバーを契約

レンタルサーバーは、wordpressの簡単インストール機能があるサーバーを選びます。

手動でインストールする方法もありますが、専門的な知識が必要で、初心者には難易度が高いから、やめておきましょう。

wordpressの簡単インストール機能があるレンタルサーバーは、以下になります↓

ちなみに私はずっとを利用しています。

2.ドメインを取得

ドメインがないと、この後作るデータベースが置けないのでドメインの購入は必須です。

レンタルサーバーの契約+ドメイン取得+wordpressの設定をセットで販売するサーバーもあり、上で紹介した中では、バリューサーバー以外、全部セットで購入できます。

でも、ドメイン料金は、サーバーで買うと高い傾向にあるので、サーバーとは別にレジストラ(ドメイン販売の代理店)で購入するという節約方法もあります。

その方法だと、ネームサーバーの設定を変更しないといけないので、初心者にはちょっと面倒かも。よくわからない人はセットで契約した方が楽かもしれませんね。

3. データベースを作成

wordpressのデータを、格納するデータベースを作成します。

データベースの作成には、データベース名、ユーザー名、パスワードを設定します。特に決まりはないので、自分で考えたものでOK。

4. wordpressをインストール

作成したデータベースに、wordpressを入れます。

サーバーの管理画面からインストール出来る場合は「作成する」のボタンを押すだけ。管理画面からインストール出来ないサーバーだとwordpressのサイトから、ダウンロードすることもあります。

wordpressをインストールする具体的な方法

ここでは私が利用しているでの、インストール手順を紹介します。

データベース(MySQL)の設定をする

エックスサーバーサーバーパネルログイン画面

①エックスサーバーの「サーバーパネル」にログインし、管理画面から「MySQL設定」を選択する。

エックスサーバーMySQLの設定画面

②MySQLの追加を選択し、データベース名を設定する。

エックスサーバーMySQLの設定画面

③MySQLにアクセスする為に、ユーザーを追加する。

※wp4の4に深い意味はありません。私は4つ目なので、そうなっただけです。

エックスサーバーMySQLの設定画面

⑤MySQL一覧で、「アクセス権未所有ユーザ」に、先程追加したユーザーを設定する。

これでデータベースの設定は完了です。

wordpressのインストール方法

エックスサーバーサーバーパネルログイン画面

①エックスサーバーの「サーバーパネル」にログインし、管理画面からwordpress簡単インストールを選択する。

エックスサーバーwordpress設定画面

②ドメイン選択画面で、該当するドメインを選択する。

エックスサーバーwordpress設定画面

③ wordpressインストールタブを選択。

エックスサーバーwordpress設定画面

④情報を入力する。

サイトURL

このサイトの様にドメイン名で表示させたいなら入力しなくてOK。サブディレクトリに置きたいなら、wpやblogなど好きな名前を付ける。

サブディレクトリとは?

https://ouchifukugyo-monetize.com/●●●/ ドメインの後の/●●●/に当たる部分。

例えば企業がメディアを運営する場合、ドメイン名(トップ)には企業紹介サイトを置き、下層に当たる/●●●/の部分にメディアを置く。

ブログ名

好きな名前でOK。後で変更できる

ユーザー名

wordpressにログインする時のユーザー名

パスワード

wordpressにログインする時のパスワード。ウイルスによりサイト改ざんを防ぐ為、使い回しや短いものはダメ。

メールアドレス

任意のメールアドレス。サイト上に公開される事はない。

キャッシュ自動削除

溜まると表示速度が遅くなるので、ONにする

データベース

自動で生成する

テーマ

後から追加出来るのでとりあえずデフォルトテーマでOK。下で後述します。

⑤上記を設定して、インストール完了の画面が表示されたらOKです。

ちゃんとインストールされたか確認をする為に、管理画面にアクセスしましょう↓

wordpressの管理画面にアクセスする方法

wordpressの管理画面にログインする方法は、ドメインの後に/wp-adminwp-login.phpを追加します。

https://●●●●/wp-admin or https://●●●●/wp-login.php

そうすると、以下の画面が表示されるので、設定したユーザー名(またはメールアドレス)とパスワードを入力してログインします。

wordpressのログイン画面

wordpresの設定方法

  • パーマリンクの設定
  • 一般設定
  • 表示設定
  • テーマのインストール

パーマリンクの設定

wordpressのパーマリンク設定画面

パーマリンクとは、記事のURLの事。URLに日付を入れたければ入れる事が出来るし、記事ごとに名前を設定したければ「投稿名」を選べばOK。カスタム構造を選べば、下のタブで好きな組み合わせに出来ます。

私は、短い方が良いと思ったのと、いちいち名前を考えるのが面倒なので、自動で数が割り振られるpost_idを選びました。基本のURLでも別に問題ないと思います。

以前までは、「/カテゴリー/post_id/」の組み合わせにしていましたが、カテゴリー変更をするとページに付いたリンクが切れるし、検索エンジンからのページ評価もゼロからやり直しになるので、ほんっとうに最悪です。。リダイレクト処理の設定をすれば大丈夫だけど、かなり手間がかかります。

こんな事もあるので、パーマリンクは最初に考え抜いて決めましょう。後から変更するリスクも考えて、なるべくシンプルな構造にする事をオススメします。

一般設定

wordpressの一般設定画面

サイトのタイトルとキャッチフレーズ

サイトのタイトルは長すぎないものが覚えやすくて良いです。キャッチフレーズはブログの概要を端的に説明したものを載せます。

キャッチフレーズはテーマによって置き場所が違いますが、「ディスクリプション」というサイト説明をするポジションに置かれている場合が多い印象です。(デベロッパーツールで確認しないとわからない)

「ディスクリプションはSEOに影響しない」という意見もありますが、webデザイナー時代に「ディスクリプションは必ず入力しなさい」と言われていたので、私は意識しています。

アドレスの設定

アドレスは、最初は「http://」になっていますが、SSL設定をしたら「https://」に直します。

SSL設定とは、サイト情報を転送する時に暗号化して送信する方法の事。SSL化していないサイトを表示する時に、検索エンジンはユーザーに警告をします。流入数が下がるので、必ずSSL化は設定します。

では、自動的にSSL化設定になるので、設定し忘れた!という事もなく、便利です。

表示設定

wordpressの投稿設定

ホームページの表示とは、トップページの表示のことです。私はカスタマイズしたので固定ページに設定していますが、最初は最新の投稿で大丈夫です。

「1ページに表示する最大投稿数」は、以下のようなトップページに表示される投稿一覧のこと。ここで表示させたい数を設定します。(10記事単位)

トップページの投稿一覧

ディスカッション設定

ディスカッション設定で、記事のコメント欄の設定が出来ます。もし、コメント欄をオフにしたければ、「新しい投稿へのコメントを許可」のチェックを外します。

wordpressのテーマについて

wordpressの初期設定では、「Twenty Twenty-Three」というテーマがインストールされていますが、このテーマはブログ向きではないので、適したテーマに変更します。

私が今まで使ったテーマは、STINGER(現在はAFINGER)、、あと最初は無料テーマを使っていましたね。

初心者は無料テーマから始めて有料テーマに以降する流れが多いですが、テーマを変更するとレイアウトが崩れるし、設定もやり直さないといけないから、最初の段階でテーマは厳選して決めた方がいいです。

ブログにおすすめのテーマ

私がオススメなのは。レイアウトが美しく、シンプルで使いやすい設計です。カスタマイズもしやすくて◎。

ちなみにこのブログではを使用しています。SWELLはサイト制作を1度もした事がない人にオススメです。知識がなくても、見栄えの良いサイトが出来上がりますし、カスタマイズも種類豊富で、沢山の機能がついています。

テーマのインストール方法

ここでは、SWELLのインストール方法を説明します。

まずSWELLのダウンロードですが、公式ページでダウンロードするよりも、で購入すれば、1000円近く安くなります。

wordpressのインストールと同時にテーマの購入ができるので、この方法が1番楽だと思います。

エックスサーバーwordpressインストール設定画面

上に書いたwordpressのインストールをする画面まで行ったら、「未購入の有料テーマを表示する」を選択します。

エックスサーバーwordpressインストールテーマ設定画面

すると、こんな風にたくさんのテーマが出てきます!私はこれに気付かなくて、公式サイトで買っちゃったんですよね〜。(悔やまれる)

ここで欲しいテーマにチェックを入れれば、wordpressインストールと同時にテーマの購入が完了します。wordpressをインストールした後に、テーマを購入しようとしても出来ないので注意してください。

まとめ:wordpressのインストール方法と設定

  • wordpress簡単インストール機能があるサーバーを選ぶ
  • ドメインの購入をする
  • データベースの設定をする
  • wordpressのインストールをする
  • wordpressの初期設定をする
  • テーマをインストールする

この記事を読みながら設定すれば、サーバーを選ぶ段階から含めて1時間くらいで終わると思います。

色々情報を調べると収集がつかなくなり、1週間くらいかかるかもしれません。そうなると腰が重くなるので、思い立ったらサッサとやった方がいいです。ブログをやるなら、ここで紹介した事をやっておけば、大丈夫です。(というかバッチリ)

それで、一緒に頑張りましょう!チャオ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

未経験から在宅のフリーwebデザイナー歴5年→アフィリエイター歴6年くらい(1年目数万円→2年目→300万ちょっと→3年目目以降600万〜800万)→3年ブランクを経て再びブログに挑戦中。主婦ブロガー。
デザイナー時代から在宅で仕事をしてきた為、もう外で働けない人。
家にいながらお金を稼ぐ方法を、四六時中考えています。

コメント

コメントする

目次