【どんなブログが人気?】ブログの種類と収入の目安を解説します

この記事で分かること
  • ブログの種類とメリットデメリットを理解できる
  • ブログの種類毎の収益の目安がわかる
  • 自分に向いてるブログのタイプがわかる

ブログはジャンル選びも大事だけど、どのようなスタイルで運営するかもかなり重要。

ここでは、ブログの種類とジャンルの関係、アフィリエイト業界の裏側の話なども交えてお話します。

必ず稼げるジャンルなんてないから、自分に合った方法をこの記事でしっかり見極めよう!

目次

ブログの種類を理解する

細かく分けると他にも色々ありますが、大体の種類はこんな感じ。

スクロールできます
収益発生までにかかる期間収益性安定性
特化ブログ3ヶ月〜1年
雑記ブログ3ヶ月〜1年
トレンドブログ1ヶ月×
ペラサイト上手くやれば即効イチかバチか×

簡単に説明すると、記事をコツコツと書いて積み上げていくのが特化ブログと雑記ブログで、少ない記事でも即効性があるのがトレンドブログ。

ペラサイトは今だとあまり効果がないかもしれませんね。

下に説明していきます。

特化ブログとは

特化ブログは、テーマをひとつ決めて、それを突き詰めて狭く深く書いていくスタイルのブログです。

例えば、「格安SIM」にジャンルを決めたら、格安SIMに関する情報しか載せません。

インターネット回線とか、ガジェット系の他の記事も書いたら、それは特化型とは言えません。

このサイトは、特化型ブログ+近いジャンルでちょっと雑多という感じ。

特化型ブログのメリット

  • 安定資産になる
  • 記事を量産する必要がない
  • 自分の経験が生かされる
  • googleから評価されやすい

特化型ブログは、移り変わりの激しいトレンドブログやペラサイトと比べると、安定資産になりやすいタイプ。

記事を量産するよりも、質が何より大事なので、時間をかけて記事が書けるのも良い所。副業に向いています。

自分の経験に基づいて書けば、他の人には真似できない価値のあるブログになります。

googleのSEO評価基準では、専門性と独自性を重視する傾向にあるので、トレンドや雑記ブログと比べて評価されやすいところがあります。

相性の良い広告はASP広告

特化ブログのデメリット

  • 真似だけじゃダメ。オリジナリティのある記事が必要
  • 成果のハードルが少々高め
  • 結果が出るのに時間がかかる

特化ブログは、ネットで調べた情報を書けばOKじゃなくて、独自の視点や経験に基づいた記事を書かないと評価されません。

あと、下に詳しく書きますが、特化型ブログで利用する広告は主にASP広告になります。

ASP広告はアドセンスのようなクリック型広告と違い、ユーザーを行動に起こさせないと成果になりません。(申込、登録、購入など)

それには多少の文章能力が必要ですし、広告に誘導する導線を考えなくてはいけません。

あと、コツコツやった後でやっぱりジャンル選定間違ってた…と気づくのに半年くらい時間がかかります。

向いてるのはこんな人
・分からない事を調べないと気が済まない
・探究心がある
・文章を書く事が苦じゃない

特化ブログの平均収入とは

私の体感としては、3ヶ月くらいで初収益が入り、2年目以降は継続的に収入が増えていきました。

取り扱う案件によって収入は大きく変わりますが、1件1万円以上する広告を取り扱うなら、月収100万円も射程に十分入るでしょう。

金額が低い案件なら、訪問者が多くないと収益化は難しいです。

PV数が数十万〜100万はないと厳しいところですね。

特化ブログで有名なブログ

どの方も超稼いでいるアフィリエイターさんです。(説明雑)

雑記ブログとは

雑記ブログは、ジャンルを絞らずに、自分の興味あるもの好きな分野をアレコレ入れて書く、日記ぽいブログのこと。

ひとくちに雑記ブログと言っても、ユーザー属性を絞っているものもありますし、本当に自分の好きなジャンルを規則性なしに書いているものもあります。

雑記ブログのメリット

  • 自分の好きに書けて自由度が高い
  • ネタ切れになりにくい
  • 新しいジャンルを発見できる

一番のメリットは、自由に書けるから、ブログを書くのが嫌になったり、ネタ切れする心配がないということ。

色んなジャンルの記事を書く事で、ユーザーの反応が良いテーマを発見できれば、別の特化ブログを始める足掛かりにもなります。

記事によってはASP広告も載せられるし、アクセス数が見込めそうな記事にはアドセンス広告をハイブリットで使える。

雑記ブログのデメリット

  • 収益化が難しい
  • 記事を量産しないといけない
  • 書き手の個性が必要

雑記ブログは色んな話題を欠ける反面、専門性に欠けるので、googleのSEOに評価されにくいところがあります。

続けていると固定ファンがついたり、同じ属性のユーザーが集まり評価が良くなると思いますが、そこまで行くには、かなりの量の記事を書かないといけません。(twitterで誘導するという手段もある)

私は前に雑記ブログをやってみたことがあります。

奇抜なことが書けるわけでもないし、たいして役に立つ情報を持ってるわけでもないので、我ながらすっごくつまらないブログでした。

たまに成果があっても数百円にしかならないし、アドセンスは確か5,000円くらいで、すぐに辞めてしまいましたね。

雑記ブログの平均収入とは

雑記ブログは固定ファンがつけばかなり稼げる一方、検索上位に表示されにくいジャンルの為、全く収益化ができない人もいます。

10万PVで1万円の副収入になれば良い方でしょうか。

私の知り合いの方は、月10万PVでアドセンスのみの収益が10万円くらい。

でも、それ以上はなかなか突破できないと言っていましたね。

雑記ブログで大きく収入をあげている人は、ASP広告からの収益がメイン。

アドセンスだけで稼ぐのは厳しいジャンルです。

雑記ブログで有名なブロガーさん

ヒトデさんは、昔私の知り合いが、ブログ運営で分からないところをメールか何かで質問して、とても丁寧に回答頂けたそうです。

そんなヒトデさんの人の良さが感じられるブログです。

ちきりんさんは社会派ブロガーと言われていて雑多とはちょっと違うのかもしれない。とても理路整然としていて憧れます。

あんちゃさんは自分を曝け出すブログで、そんな彼女に共感した固定ファンがいっぱいいるんだろうなという印象です。でも最近はあんまりブログ書いてないみたい。

向いてるのはこんな人
・収益化にはこだわらない
・おしゃべりで人に発信する事が好き
・文章を書く事が好き

トレンドブログとは

トレンドブログとは、今旬の情報を誰よりも早く記事にして、アクセスをあつめるブログです。

芸能人ネタやスポーツなどエンタメ系のジャンルに使われます。

トレンドブログのメリット

  • 文章を書くのが苦手でもできる
  • 専門知識や独自の視点がいらない
  • 上手くバズれば高収益が初心者にも可能

トレンドブログの最大のメリットは、ネットで調べた情報をアップすればよく、文字数が少なくてもアクセスアップは狙えるというところ。

特に専門知識や独自の視点がいらないので、記事を書く手間や労力はそんなにかかりません。

そして、キーワード選択が上手くいけば、バズることも可能。

バズれば初心者でも、たくさんの収益が手に入ります。

相性が良いのはアドセンス広告。男性のユーザーが多ければギャンブルなどのASP広告も良い。

トレンドブログのデメリット

  • 常にトレンドに敏感でなくてはいけない
  • 反応の早さが求められる
  • 記事を量産し続けないといけない
  • 収益が安定しない

トレンドブログは、速攻!量産!という感じで、いかに早く世間の関心に対して反応できるか?が何より大事。

あと、穴場キーワードを見つける目利きも必要です。

トレンドはものすごい早さで移り変わるため、常に最新の情報に敏感になって記事を書き続けないといけません。

たくさんの記事を書いて、どの記事が当たるか?も見極める必要があります。

記事が当たり、爆発的なアクセスを得られたら収益は大きい反面、毎回当てるのは至難の業なので収益が安定しないところがあります。

トレンドブログの平均収入とは

トレンドブログは、アドセンス広告が収益のメインで、単価は低いけど瞬間的な爆発的流入を狙います。

当てられなければ収益はゼロ。

でも、小規模でも当てられれば、ブログを始めた初月でも収益は発生します。

初月から数十万は無理ですが、3ヶ月後には数十万、半年後には数百万の収益をあげることも可能な、夢のあるジャンルです。

トレンドブログで稼いでそうなブログ

  • marymaga
  • WondaJournal
  • ゆるり
向いてるのはこんな人
・流行に敏感
・芸能人ゴシップが好きでミーハー
・テレビが好き

ペラサイトとは

狙った1つのキーワードに対して、1ページしか作らないサイトのこと。

1ページしか作らなくて上位表示できるの?と思いますが、トレンド×穴場キーワード×適切な中古ドメインを購入すればできなくはないです。

1ページだけ作っておしまいではなく、何個もドメインを取って、そういったサイトをいっぱい作ります。

でも、これで稼ぐ事ができたのは一昔前っていう感じですね。

現在はペラサイトより、複数記事があるサイトの方が上位表示しやすいです。

ペラサイトのメリット

  • 被リンクを自作自演できる※注意点あり

ペラサイトのメリットというのは、あんまりないのですが、しいて言うなら被リンクとして使える可能性があるという事でしょうか。

でも、これはgoogleのSEO評価基準から外れているので推奨はできません。

自作自演リンクと言って昔は有効なSEO対策でしたが、現在ではペナルティを受けてしまいます。

IP分散をすれば、自作自演リンクとはバレないかもしれません。

でも、無関係なジャンルのサイトからのリンクは不自然ですし、スパムと認識されても不思議ではありません。

IP分散とは

IPアドレスというコンピューターを特定できる番号を、被リンク毎に複数設定することで、同一者からのリンクではなく複数者からのリンクに見せる方法。

ASP広告の商品限定でページを作るので、ASP広告以外は載せられない。

ペラサイトのデメリット

  • サイトを量産する必要がある
  • ドメイン取得の費用がかかる
  • 広告出稿の費用がかかる
  • 中古ドメインに当たり外れがある
  • キーワード選びが難しい
  • 文章ライティング能力必須

1ページ完結のサイトと聞くと簡単そうに聞こえますが、たくさんの中古ドメインを取得して、サイトを量産しないといけないので手間と労力がかかります。

中古ドメインは新規取得よりも費用が高い上に当たり外れが激しく、期待するようなSEO効果を発揮してくれない時もあるのです。

中古ドメインがハズレで上位表示できないと、広告出稿しか手はなくなります。(リスティング広告)

広告はずっと出し続けると費用が莫大なので、資金に余裕がないと続けられません。

あと、ペラサイトの作り方として、商標キーワードを使う、という手があります。

商標というのは商品名のことで、シャンプーだったら「パンテーン」とか「メリット」という名前がそれに当たります。

この商標キーワードで獲得する方法は、広告主から嫌厭されており、アフィリエイト禁止事項に含まれるなど年々規制が厳しくなってきています。

向いてるのはこんな人
・中古ドメインの実験がしたい
・中古ドメインがすごい好き
・あえて苦境に飛び込みたい

ペラサイトの平均収入とは

ペラサイトは、前は儲かったと思いますが、現在は個人だと厳しいところです。

ペラサイトは中古ドメインの購入や広告出稿で経費が多くかかります。

資金に余裕がある企業なら、今でも稼げるとは思いますが、個人で広告を出稿し続けるのは痛い出費となります。

でも、上手く上位表示できたり、広告への反応が良かったら、月100万〜数百万の収入になります。

絶対選んではいけないブログジャンル

初心者が絶対に選んではいけないジャンルは、

  • 脱毛
  • AGE
  • 転職
  • 旅行
  • 健康食品・グッズ
  • 法律
  • ローン
  • クレジットカード
  • 婚活

ざっくり覚えるなら、お金・健康・医療に関係するジャンルは、絶対にNG。

そのジャンルは、googleのSEO指標で個人ブログを評価しない仕組みになっています。

婚活、転職、旅行は、企業サイトが強過ぎて個人は太刀打ち出来ないので、アフィリエイトである程度実績を作り、規模を大きくしてから挑戦したいジャンルです。

初心者ブロガーは自分が書けそうな分野を選ぶ

ジャンル選定で大事なのは、スラスラと書ける分野を選ぶことです。

ジャンルを考える前に、自分は今まで何をやってきて、何に興味があるのか、何が得意で、何が不得意なのか、思いつくままに紙に書いていきます。

この自己整理を行わないと、ブログを始めた後で「なんか上手く書けない。やっぱりこのジャンルじゃなかった。。」と気付くことになります。

ブログは構想を練ってから開設まで時間かかるので、気づいた頃には数ヶ月経っていた…なんてことになると、時間の無駄です。

既に書きたいジャンルが決まっている場合も、必ずやりましょう。

詳しいやり方は、ブログのネタに困らない!アイディアが溢れて止まらなくなるブレインダンプのやり方の記事を見てみて下さい。

↓この記事がちょっとでも良いと思ったら、ぜひポチッとお願いします^^↓

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

未経験から在宅のフリーwebデザイナー歴5年→アフィリエイター歴6年くらい(1年目数万円→2年目→300万ちょっと→3年目目以降600万〜800万)→3年ブランクを経て再びブログに挑戦中。主婦ブロガー。
デザイナー時代から在宅で仕事をしてきた為、もう外で働けない人。
家にいながらお金を稼ぐ方法を、四六時中考えています。

コメント

コメントする

目次