Googleアドセンスの審査合格までにやった事を解説します!

「Google広告の審査が厳しいって本当?」

「申請したけどアドセンス審査に通らない」

そんな人に向けて、私がアドセンスに合格するまでにやった事と、審査に通る方法を解説します。

目次

googleアドセンスの審査に合格するまでにやったこと

  • 独自ドメインを購入
  • wordpressを使用
  • 有料テーマのSWELLを使用
  • 運営者情報ページを作成
  • 問い合わせページを作成
  • プライバシーポリシーページを作成
  • トップページに運営者情報を掲載
  • 記事を50記事書いた
  • 自分の考えや意見、体験談を必ず入れるようにした

独自ドメインを買った

アドセンスの申請条件として、独自ドメインであることが挙げられます。

はてなブログやアメブロなどの無料ブログでは申請できません。

独自ドメインを使用するには、レンタルサーバーの契約をする必要があります。

wordpressを使用

独自ドメインとレンタルサーバーの契約をしたら、wordpressのインストールをします。

wordpressの設定は簡単に出来ます。

有料テーマのSWELLを使用

アドセンスの審査は無料テーマでも通りますが、有料テーマの方がサイトやSEOの設定が簡単で、設定漏れが起こりにくいと思っています。

結果的にアドセンスの審査にも影響するし、他にも自分でアレコレ調べて設定する必要がないので、私はいつも有料テーマを使っています。

ちなみにこのブログではSWELLを利用しています。他のブログでは、STORK19 を使っているものもあります。どちらも初心者には使いやすくておすすめです。

もし、無料テーマを選ぶ時は、サイトレイアウトや構成がシンプルなものを選んでください。サイトの操作性も審査に影響します。

運営者情報ページを作った

運営情報には、自分が何をやってきたか、どんな知識があるのかを、4000文字くらいに渡り詳しく書きました。

未経験からフリーのwebデザイナーになった事、ブロガーとしてやってきた事を載せて、このブログのテーマについて、専門的で独自的な情報を持っていますと伝えるためです。

文章の中に、「主婦ブロガー」「在宅で稼ぎたい」「未経験 webデザイナー」というキーワードを散りばめるようにも注意しました。

色々なサイトを研究していた時に、ブログ系のキーワードでは全然表示されないのに、「主婦」というキーワードを含めると、急に1位に表示されるサイトがありました。

そのようなサイトの共通点は、プロフィールに「主婦」の文字が入っていること。主婦が書いたブログは、主婦に役立つ最適なサイトとGoogleが認識していたのだと思います。

このことからGoogleに向けて、自分の属性をキーワードで伝えてあげる事が必要なんだと感じました。

写真があった方が信用性はアップするけど、「顔出しはちょっとなぁー」と思ったので、イラスト画像をアイコンとして載せました。

問い合わせページを作成

問合せ用のページがないと、審査には通らないので、wordpressのプラグインを使って設置しました。

項目は、シンプルに「名前」「アドレス」「本文」で構成しました。

プラグインとは?

wordpressのテーマにない機能を追加できる。フォームを自分で作るには知識が必要だけどプラグインだと無料で簡単。

プライバシーポリシーページを作成

プライバシーポリシーページには以下の内容を載せました。

  • 当サイトに掲載されている広告について
  • 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて
  • ウェブサーバの記録
  • 利用者情報の外部送信について
  • 当サイトへのコメントについて
  • 著作権・肖像権について

何を書いたらいいかわからなかったので、有名なブロガーさんのプライバシーポリシーを何個か見て、参考にさせてもらいました。

トップページに運営者情報を掲載

Googleのアルゴリズムにおいて、昔と今で大きな違いを感じるのは、「誰が書いてるのか?」という部分をすごく重視するようになったこと。

トップページはGoogleのロボットが必ず来るページなので、「こんな人が書いてます」というのがわかるように、サイドメニューにも運営者情報を載せるようにしました。

トップページに載せられる文章は限られるため、自分の属性と経歴を端的に書くようにしました。

記事を50記事書いた

中には、7記事で審査に通った人もいるみたいですが、このブログの場合は30記事以上でも合格しませんでした。

「ポリシー違反て何さ?」と思ったのですが、下に「有用性の低いコンテンツ」と書かれていますよね。

これは「あなたのブログは内容薄いですよ」と言われているのです…!

この時点で、プライバシーポリシー、運営者情報、問い合わせページは作られていたので、完全に記事の内容に問題があると考えました。

おそらく、「副業ブログ」というテーマが既に飽和状態で、同じ様なブログがたくさんあったからだと思います。

「30記事書いてダメだったということは内容か…」と思い、このまま記事を増やすのは無駄だと判断しました。

残りの20記事では、自分の体験談や考えを、必ず文章の中に入れるように変更。少なくても文章の半分か、100%の割合で独自的な内容を入れました。

自分の考えや意見、体験談を必ず入れるようにした

上にも書きましたが、30記事書いてアドセンスに落ちた時点で、記事の質に注目するようになりました。

記事の文字数は多く、少なくても4000字、中には1万字近いページもあります。初心者向けに網羅した内容で悪くないと思っていましたが、自分の体験や考えが含まれていなかったのです。

読み返してみたら、このブログだけの有益な情報はないし全く面白くない。自分自身も書いててつまらないと感じていました。

このブログのターゲット層が知りたい内容かつ、自分の体験談を中心に書こう、個人的な話も混ぜた方が面白いよね、という事に気づきました。

キーワードは一旦置いて、自分も書いてて楽しく、読者に「なるほど」や「わかる」と言ってもらえるような内容を意識しました。

googleアドセンスに合格するまでの経緯

1回目の審査は時間がかかる

  • ドメイン取得から1ヶ月後
  • 記事数…10記事
  • 審査期間…2週間

プライバシーポリシー、問い合わせ、運営者情報のページがある状態で審査に出しました。

数年前の審査では1発で通ったし、今回は審査が厳しくなった事を考慮して作ったから「大丈夫じゃない?」という気持ちと、インデックスされているページが、トップページのみだったから「無理かも」という気持ちの間で揺れてました(笑)

きっかり2週間後に、不合格通知が来て「やっぱり厳しくなったな〜」とガッカリしました。

インデックスとは?

自分のサイトがgoogleの検索エンジンに登録されること。登録されないと検索結果に表示されない。

2回目の審査にも落ちて焦る

  • ドメイン取得から2ヶ月後
  • 記事数…30記事
  • 審査期間…1週間

1回目に落ちた理由が、記事の少なさなのか、質なのかがわからなかったので、2回目は1週間経って記事数が増えた時に再度トライしました。

さすがに30記事もあるし、メイン画像も作ったし、大丈夫だろう♪と思ったら、まさかの不合格。

「ええ?!これで落ちるの?」と、とてもビックリしました。

「う〜む…これは根本的に見直さないといけないぞ…。」と、ブログの文章に注目し、改善することにしました。

3回目でなんとか合格

アドセンス合格通知の画面
  • ドメイン取得から2ヶ月半後
  • 記事数…50記事
  • 審査期間…3日

2回目の不合格通知の後、施した修正が良かったようで、3回目は3日で合格通知が来ました!わーい

相変わらずインデックス数は少なく、5記事でしたが、それでも通過できました。(ホッ)

googleアドセンスの審査で重視される点

  • ポリシー違反はないか
  • 記事に専門性や独自性はあるか
  • 運営者情報が掲載されているか
  • プライバシーポリシーは掲載されているか
  • 問合せフォームはあるか

ポリシー違反はないか

ポリシー違反の具体的な例を以下にまとめました。

  • 性的描写が露骨なコンテンツ
  • 危険または中傷的なコンテンツ
  • クリックを誘導するレイアウト

上に該当する以外に、質の低いコンテンツとみなされると、審査結果に「ポリシー違反がありました」と表示されます。

参考:Google AdSence ポリシーに関する問題と広告配信ステータスについて

記事に専門性や独自性はあるか

GoogleAdsenceのヘルプページを見てみると、コンテンツに対して以下のように書かれています。

  • 他にはない魅力があるか
  • 操作が簡単でわかりやすくなっているか
  • ユーザーの興味を引く独自のコンテンツがあるか

参照:Google AdSence サイトのページが AdSense のご利用条件を満たしているか確認する

今回のアドセンス審査で感じた事は、「独自性を強く意識している」ことでした。

私の肌感覚では、記事の内容が高品質かどうかよりも、オリジナルの体験談が含まれている、独自の視点で書いているという部分が、見られているなと感じました。

運営者情報が掲載されているか

私が運営者情報に書いたことを、以下にまとめました。

  • 名前(本名じゃなくていい)
  • 経歴
  • サイトの説明

Google的には、「このサイトはどんなサイト?どんな目的で運営してる?誰に必要とされるものなの?」と思っているので、わかりやすく説明しているページが必要です。

プライバシーポリシーも同様に、どんな基準でユーザーのプライバシーを取り扱うのかを示しているものなので、重視されます。(書き方はこのサイトのプライバシーポリシーを参考にしてくれ)

具体的なGoogleアドセンスの審査に通る方法

  • 独自ドメインの購入(無料ドメインは×
  • wordpressのインストール
  • 優良テーマのインストール
  • 運営者情報ページの作成
  • 問合せフォームの作成
  • プライバシーポリシーページの作成
  • オリジナルの記事作成
  • 1記事最低文字数1000文字以上

以上のことに気をつけて作れば合格します。ファイト!

まとめ:アドセンス審査合格は通過点

そういえば、Twitter(X)で、「アドセンスの審査に落ちても、ASPの広告を載せれば良いから大丈夫」という意見を目にしますが、私はそうは思いません。

ASPとは?

ネット広告を取り扱う広告代理店。ブロガーと広告を掲載したい企業との仲介をする。アドセンス審査は通らなくてもASP審査は通る場合がある。

アドセンスの審査に落ちるブログやサイトは、Googleからの評価が低いということ。

ASPもアドセンスも「広告」である事は変わりなく、広告主の意向があります。広告主としては、Googleの評価が高いサイトに広告を掲載したいですよね。それに評価が低いサイトは、検索エンジンのアップデートにも弱いはずです。(検索順位が落ちやすい)

ブログで稼ぐには、アドセンス合格は通過点にしか過ぎません。受かって当然なので、修正しながら地道に合格を目指しましょう。

それでは、一緒に頑張りましょう!チャオ♪

↓この記事がちょっとでも良いと思ったら、ぜひポチッとお願いします^^↓

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

未経験から在宅のフリーwebデザイナー歴5年→アフィリエイター歴6年くらい(1年目数万円→2年目→300万ちょっと→3年目目以降600万〜800万)→3年ブランクを経て再びブログに挑戦中。主婦ブロガー。
デザイナー時代から在宅で仕事をしてきた為、もう外で働けない人。
家にいながらお金を稼ぐ方法を、四六時中考えています。

コメント

コメントする

目次