ブロガーのオフ会に参加して、とても楽しかった!という話

この記事では、ブロガーのオフ会に参加してみたので、どんな感じだったか?というのを話したいと思います。

目次

ブロガーのオフ会ってどんな感じ?

私が今まで行ったオフ会はこんな感じの雰囲気でした↓

  • 男性の方がちょい多め
  • 20代後半〜50代まで幅広い
  • 30代の比率が多め
  • 副業でブログをやっている人が多い

ブログは、男性の方がやっている人が多いという自分の中の統計があります。(笑)

ブログを見ていてもそうだし、オフ会に行ってもそうだったから多分あってると思う。

最初はやっぱり初対面だから、お互い警戒してる感じはありますが、ちょっと話すとすぐ打ち解けられます。

同じブロガー同士、共通の話題も多いので、沈黙になるという経験は一度もありません。(むしろ皆めっちゃ喋る)

人数は、多くて100人くらいで、少なめで15〜20人くらいの規模のオフ会に参加しました。人数が多い方は飲み会という感じで、皆思い思いに好きなことを喋るスタイル。

人数が多すぎると、ゆっくり話せないので、個人的には20人以下のオフ会がおすすめです。

ブロガーのオフ会に行って良かったこと

  • 情報交換が出来る
  • 単純に楽しい
  • 他の人のやり方がわかる
  • ブロガーがぶつかる壁を知れる

情報交換が出来る

私がオフ会に行って良かったと思うところは、他のブロガー達がどこから情報を収集しているのか、何を参考にしているのかを知れること。

「え!?そんなのあるんだ」とか、アフィリエイト業界の動向を知れる事が1番の収穫だと感じます。

「ブログでいくら稼いでいるか?」という質問もしちゃって大丈夫。

そういう話をみんな聞きたいんだし、嫌がる人には、そこで止めておけばいいだけなので。

みんな、けっこう明け透けに金額を話します。たまに自慢というか、マウント大会みたいになるかもですが。

単純に楽しい

いつも思うのですが、みんなとっても楽しそうです。

ブログをやっている事を、周囲に内緒にしてる人も多いと思うのだけど、オフ会の場では話せるし相談もできるので、心が解放されるのかなと思います。

ブログはひとりで悩むことが多く、私も「どうしよう?」と悶々と考える事もあるのですが、オフ会で聞けば、1発で解決することもあります。

専業の人は、普段人に会わない生活をしてるから人と話せて嬉しいし、副業の人は有益な情報を聞けて嬉しい!という感じで、幸せな空気が流れてます。

他の人のやり方がわかる

私は特化ブログしか作ったことがなく、トレンドブログや雑記ブログの収益化方法はわからないのですが、自分がやっている方法以外で稼いでいる人に出会うと、興味津々で、つい質問攻めにしてしまいます。。

他ジャンルで稼いでいる人の話は、本当に勉強になります。

自分とは全く違う着眼点なので、「そんな風にすれば雑記ブログでも収益化できるんだー」と思ったり、気付きが沢山あります。

ブロガーがぶつかる壁を知れる

特に初心者さんは、先駆者の話を聞けば、ブログを続けるモチベーションになります。

つまづくポイントもわかるから、成功までの道のりをショートカット出来ると思います。

悩みは、「記事が書けない」、「収益化できない」、「検索順位が落ちた」という話が多いかな。

具体的に質問すれば、アドバイスをくれる経験者もいますが、中級者以上になると、自ら話したがらない人も居ますね。(真似されちゃ困ると思う人もいるみたい)

ブログを書いているならオフ会に参加しよう

ブロガーなら、オフ会への参加はメリットしかありません。

ぜひ、参加してみましょう。「どこでオフ会の情報を知るの?」と思う人も居るかもしれませんね。

私はツイッター(X)の副業ブログがテーマのアカウントで情報を知りました。

ツイッターは詐欺商材を売りつける輩も居るから、その辺は充分に見極める必要があります。

あとは、アフィリエイト協議会に入会(無料)していたので、そこで開催される忘年会やセミナーに参加していました。

アフィリエイト協議会は怪しくないから大丈夫です。(笑)昔からブログをやっている方々が沢山いますよ。そして親切な方が多いです。

楽しいから行ってみてね♪チャオ!

↓この記事がちょっとでも良いと思ったら、ぜひポチッとお願いします^^↓

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

未経験から在宅のフリーwebデザイナー歴5年→アフィリエイター歴6年くらい(1年目数万円→2年目→300万ちょっと→3年目目以降600万〜800万)→3年ブランクを経て再びブログに挑戦中。主婦ブロガー。
デザイナー時代から在宅で仕事をしてきた為、もう外で働けない人。
家にいながらお金を稼ぐ方法を、四六時中考えています。

コメント

コメントする

目次