ブログで稼ぐことは周囲に理解されにくいという話

この記事では、「ブログで稼ぐことは想像以上に周囲から理解してもらえない」というお話を、私の実体験を交えて話したいと思います。

目次

家に居る=暇だと思われる

在宅とはいえ、仕事をしているにもかかわらず、「家にいつも居る側が、家事をやって当たり前」という風に思われます。

在宅ワーク=時間がある=暇みたいな。なんなら、専業主婦のように受け取られているような気もします。

洗濯は各自でやってると周囲に話すと、「そのくらいやってあげればいいのに〜」と言われるし、夫自身も「俺より家に居る時間が長いんだし」と、私の方が多く家事をすることを、悪いとは思っていない様子でした。

けっこうイラッとするのが宅急便で、何回も仕事中にピンポンされると、集中力が切れるから本当に嫌でした。

まぁ出なきゃいいのですが。(自分の荷物じゃないし)

家に居ると、宅急便を頼まれたり、洗濯物をしたり、ゴミ出ししたり、家にいるんだからそのくらい当たり前みたいに思われます。

でも、その当然という考えがムカつくし、自分に集中するとけっこうな負担になっていきます。

ブログ=ラクな仕事と思われる

ブログって、ものすごく頭を使うのですが、側から見ると簡単に見えるようです。

というか、「外で働く方が大変、在宅はラク」という思い込みが一般的にあると感じます。

特に、ブログは日記というイメージが強いからか、自分の好きな事を書いてると思われているような。。

私は、ブロガーの前に、在宅でwebデザイナーをしていたのですが、その時の方が周囲から「仕事」と認識されていました。

在宅なのは変わらないのに、なんでブログの方が軽く見られるんだ?と思います。

夫はかなりの散らかし魔なのですが、注意すると「疲れてるんだ」と言って、たまに逆ギレします。

こういう会話をする時に、どうやら「俺の方が疲れてる」と思っている様子だと気づきました。

そして、事件勃発

ある日、私のブログ収益が激減しました。

「これはやばい…!」と思い、「ブログの立て直しに専念するから、今までみたいに家の事ができない。あなたもいい加減やりなさい。」と通告。

でも、コミュニケーションが不足すると思い、夫が帰ってきてからは仕事はしないようにしていました。

そして、忙しくても晩ご飯は毎日作るようにしていました。

あえて

が、しかし、それが夫の目には、私は仕事をしていないように見え、余裕があるという風に見えていたらしいのです。。(自分的にはかなりゼエゼエしながらやっていたのに)

そして、ついに事件が勃発。

喧嘩して軽く言い合いになっている時に、「俺は、あなたみたいにダラダラ仕事してないから忙しい」という様な事を言われました。(瞬間で沸点超えたから記憶飛んでる)

「てめえだけが忙しいと思うなよ!!」と激昂しながら叫び、気づいたら夫に回し蹴りをくらわせていました。(割とクリーンヒット)

あー今思い出しても、殺意が湧きます。

周囲から理解されるには

ブログって黙々と一人でする作業なので、特に話すことがないから「今何をやっている」とか、ブログに関する話をしていませんでした。

それが良くなかったと思います。

「ブログ運営はこんな事をして、これだけの手間と労力がかかります。」とか「今日は〇〇のページを作っている」と、日々伝えていれば、夫も理解出来たでしょうし、回し蹴りもくらわずに済んだことでしょう。(たぶん)

未だに、どれだけ理解しているのかは謎ですが、夫は前より家事をやるようにはなりました。

↓この記事がちょっとでも良いと思ったら、ぜひポチッとお願いします^^↓

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

未経験から在宅のフリーwebデザイナー歴5年→アフィリエイター歴6年くらい(1年目数万円→2年目→300万ちょっと→3年目目以降600万〜800万)→3年ブランクを経て再びブログに挑戦中。主婦ブロガー。
デザイナー時代から在宅で仕事をしてきた為、もう外で働けない人。
家にいながらお金を稼ぐ方法を、四六時中考えています。

コメント

コメントする

目次