デザインの基礎を独学するのに役立ったデザイン参考本の紹介

「何を基準にwebデザインを決めたらいいのか分からない」

「デザインの勉強ってどうすればいいの?」

そんな疑問を持っているデザイナーを目指す人や、初心者webデザイナーさんにオススメの私がデザインする時に役立ったデザイン本を紹介します。

目次

デザインの基礎を独学するのに役立った本一覧

MDN

MDNは、PhotoshopやIllustratorを駆使したデザインの作り方が学べる雑誌でしたが、今はwebメディアにシフトしているようです。(書籍は厳しい時代やねぇ…)

惚れ惚れするようなデザインや、インパクトのある面白いデザインが刺激的でした。

PhotoshopのチュートリアルやUIデザインなど、webデザインに関する情報がメインなので、デザイナー全般よりwebデザイナー向けなメディアです。

MDNのサイト

デザイン解体新書

created by Rinker
¥2,619 (2024/02/23 13:29:43時点 楽天市場調べ-詳細)

デザイン解体新書では、「文字の組み方」を学びました。

私は、基本的にはweb媒体の仕事をしていましたが、たまにチラシやリーフレットを作る際に、とても参考になった本です。

グラフィックデザインは、webデザインの勉強しかしなかった自分には、全く未知の世界。「紙とwebでこんなにも違うのか!」と思うくらい、グラフィックデザインには厳密さと精密さが求められました。

中でも「文字組み」は、高度なデザイン力を求められるので、検索で得た知識だけで作り上げるのは到底不可能。

そこで買ったのがこの本でした。

自分で言うのもなんですが、この本を活用して作ったリーフレットの出来はとても良くて、褒められました。(うへへ)

デザインノート

デザインノートは不定期で創刊しているデザインの作り方が学べる雑誌

最前線で活躍する様々なデザイナーの作品や、デザイン観に触れる事ができます。インタビューと一緒に作品を分析している所が勉強になります。

洗練されたデザインを吸収できるので、デザイナーとして見識を広めたい人にオススメ。

グラフィックデザインの情報が中心ですが、ブランディングデザインに関する本も最近は発売しています。

伝わるインフォグラフィックス

created by Rinker
¥2,640 (2024/02/23 13:29:44時点 楽天市場調べ-詳細)

最近、図解で説明するのが流行っていますが、そういう「言葉で表現できない情報を可視化したデザイン」を集めた本。

数値の視覚化、関係の視覚化、空間の視覚化、時間の視覚化の項目に分かれており、webや紙だけじゃなくて、駐車場のデザインなど、空間デザインも見れるところが面白いです。

「この情報をひと目でわかるように表現するには、どうしたらいいだろう?」と悩む時に参考にしたい本です。

1枚で伝えるデザイン

「1枚で伝えるデザイン」は、主にチラシやリーフレットなど、紙媒体のデザインを集めた本。

300P以上あるデザインのカタログ集で、あらゆる業種のチラシが載っています。チラシのデザインを作る時に参考にしました。

webデザインを集めたサイトは沢山あるけど、紙媒体を集めたサイトってあまりないんですよね。

でも、ただのカタログだから、デザインを学べる要素は少ないです。

色々調べているうちに、「1枚デザインの構図とレイアウト」というデザイン本を見つけたので、こっちの方がレイアウト解説が入っているから勉強になると思います。

ニホンゴロゴ

タイトルの通り、日本語で作られたロゴを集めた本です。

ロゴは大抵英語なのですが、日本語のロゴを作ることになり、参考に購入しました。

個人的に紹介した中で一番好きな本です。「文字で表現できる事ってこんなに多いんだ」と、自分のデザイン観を広げるきっかけを与えてくれました。

その他おすすめのデザイン本

なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉

私はまだ読んだことがないのだけど、とても良さそうな本を発見したので、紹介します。

この本が良いと思った理由は、デザインのルールや基本的な思考を理論的に説明しつつ、視覚的にわかりやすく表現しているからです。

上で紹介した「デザイン解体新書」や「デザインノート」は、専門的なので読みにくく感じる人もいると思います。(テキストも多い)

でも、この本は写真とイラストの実例が豊富で、初心者が「デザインとは?」を理解するのに、飲み込みやすい内容になっていると思います。

Amazonで本の中身が何ページか読めるので、見てみて下さい。

まとめ:デザインの基礎を独学する時に気をつけること

この頃、Kindleのみで発売しているデザイン本を見かけますが、私はおすすめできません。

Kindleは誰でも書籍を出版できます。Kindleでしか出版できないという事は、出版社を通してないので本のクオリティへの信頼性が低いです。

本のレイアウトを見るだけでも参考になるので、デザインの勉強の意味でもKindle版はおすすめしません。(両方売っていたらKindleじゃなくて本を買って下さい)

それでは、一緒に頑張りましょう!ちゃお!

↓この記事がちょっとでも良いと思ったら、ぜひポチッとお願いします^^↓

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

未経験から在宅のフリーwebデザイナー歴5年→アフィリエイター歴6年くらい(1年目数万円→2年目→300万ちょっと→3年目目以降600万〜800万)→3年ブランクを経て再びブログに挑戦中。主婦ブロガー。
デザイナー時代から在宅で仕事をしてきた為、もう外で働けない人。
家にいながらお金を稼ぐ方法を、四六時中考えています。

コメント

コメントする

目次